「2016年11月」の記事一覧(3 / 3ページ目)

アボカドの食べ頃の見分け方って?栄養価や保存方法のポイント!

果物の豆知識(秋・冬)
アボカド

アボカドはクスノキ科ワニナシ属に分類され、森のバターと言われるほど高栄養で有名ですよね。 メキシコでは頻繁に使われているアボカドは、ペーストやソースにして食べられているようです。 日本で売られているアボカドの多くははメキシコ産やニュージーランド産です。 日本ではサラダにしたり、ワサビ醤油で刺し身のように食べることが多いですよね。 アボカドにはどのような栄養が含まれているのか、調理の際のポイントもご紹介します!

ゆずで体力回復や美肌に!選び方や使い分け、保存方法のポイント!

果物の豆知識(秋・冬)
柚子

ゆずは爽やかな香りが特徴ですね。ミカン科ミカン属に分類され、9月を過ぎると多く出回ってきます。 濃い緑色をしたツヤツヤなかぼすに比べて、ゆずは黄色くて表面がボコボコしています。 ゆずはそのまま食べるというより、料理の香り付けや風味を出すために使用することが多いですね。 では、ゆずの酸味にはどのような効果が期待出来るのか、選ぶ際のポイントやちょっとしたコツもご紹介します!

柿のビタミンCは肌荒れやむくみに最適!干し柿との栄養素の違いは?

果物の豆知識(秋・冬)
柿

柿はカキノキ科カキノキ属に分類されます。1000種類以上の品種があり、昔から日本で愛されている果物です。平安時代にはすでに干し柿が作られていたようです。 柿にはビタミンCやカリウムが豊富に含まれていますが身体にどのような効果があるのでしょうか。 また、甘さを均等にする方法、体力を回復させるちょっとしたコツもご紹介します。

にんじんのβ−カロテン吸収率UPの方法!疲労回復や免疫力向上に!

野菜の豆知識(秋・冬)
にんじん

にんじんはセリ科ニンジン属に分類されます。β−カロテンの含有量が野菜の中でもトップレベルです。抗酸化作用のあるβ−カロテンですが、ちょっとしたコツで吸収率がグーンとUPするんですよ。 さらに多くの美容成分も凝縮されています。 きれいなオレンジ色があると食卓が華やかになりますよね!そんなにんじんの栄養価や保存方法などをご紹介いたします!

玉ねぎの涙目防止の方法とは?硫化アリルで血液サラサラ&風邪予防!

野菜の豆知識(秋・冬)
玉ねぎ

玉ねぎはユリ科ネギ属に分類される野菜です。炒める・煮る・茹でる・揚げると様々な調理方法があります。さらに、ちょっと辛いですが生で食べても美味しいですよね。 活力向上効果があり、生活習慣病さえも予防してしまうパワーを持っている万能野菜玉ねぎ。 選ぶ際のポイントや涙目を防止するコツ、食べ合わせのポイントをご紹介します。

じゃがいものビタミンCやタンニンの効果は?芽は有害物質ソラニン!

野菜の豆知識(秋・冬)
じゃがいも

ナス科ナス属のじゃがいもはビタミン、ミネラルがとても豊富に含まれています。種類が多く、様々な調理法があるので食卓に並ぶ頻度も高いですよね。料理によって種類の使い分けをしてみましょう。 栄養抜群のじゃがいもですが、有害な成分もあるんです。 また、ちょっとした一手間で栄養の吸収をアップすることも出来ますのでご紹介します!

ビタミンC豊富なさつまいもの蜜は甘い証拠!ヤラピンで便秘解消

野菜の豆知識(秋・冬)
さつまいも

ヒルガオ科サツマイモ属のさつまいもは9月前後が旬です。甘くてホクホクした食感が美味しいですね。子供からお年寄りまで食事やスイーツとしてみんなに親しまれている食材のひとつです。 美味しいだけではなく、とっても栄養がある健康食品なんです。食物繊維が豊富で女性には特に嬉しい美肌効果もあるんですよ。 そんなさつまいもの栄養や効果についてご紹介します!

りんごのペクチンで便秘解消!運動前の摂取で脂肪をエネルギーに!

果物の豆知識(秋・冬)
りんご

バラ科リンゴ属のりんごは、医者いらずとも言われるほど健康に良い果物で有名ですよね。秋から冬にかけて旬とされていますが、特殊な貯蔵法によりスーパーでは一年中購入することが可能です。 そんな私達の身近にあるりんごについて詳しくご紹介します!

ページの先頭へ